豚肉と竹の子のオイスターソース弁当

豚肉と竹の子のオイスターソースは、オイスターソースをきかせながらも、食べやすい味に仕上げました。竹の子の食感もお楽しみ下さい。豚肉と竹の子のオイスターソースを含め5つのおかずの献立です。

制限食でありながらも、薄味と感じることもなく多彩な肉・魚・旬の野菜を使い、晩ごはんとしても十分な量を確保しています。

腎臓病食の宅配サービスの中でも安いと評判の食宅便のたんぱくケアシリーズは、1食あたりのたんぱく質量が13g程度、塩分2.0g、カリウム500mg、リン270mg以下に抑えた腎臓病の食事制限にぴったりの7食1セットの宅配おかずメニューです。

豚肉と竹の子のオイスターソース

加熱時間などが表記されているパッケージです。外袋にハサミで切り込みを入れて電子レンジで加熱してください。

加熱時間は、宅配おかずの種類によって変わってきます。パッケージに表記されている加熱時間を参照してください。

食宅便たんぱくケア宅配食

豚肉と竹の子のオイスターソース弁当

  • 豚肉と竹の子のオイスターソース
  • 帆立と白菜のクリームソース
  • フライドポテトのパプリカガーリック
  • カリフラワーのトマトソース
  • ほうれん草とえのきのおかか浸し

豚肉と竹の子のオイスターソース

豚肉と竹の子のオイスターソース
たけのことにんじんのシャキシャキ感がたまりません。豚バラ肉をオイスタソースで味付けしたあんかけソースが深みを出しています。パプリカも彩りを添えています。

帆立と白菜のクリームソース

帆立と白菜のクリームソース
ホタテの味付けが絶妙でおいしいです。白菜も混ぜてクリームソースということですが、クリームというのは冷凍には合わないかもしれません。和風に煮た方が、更に美味しくなると感じました。

フライドポテトのパプリカガーリック

フライドポテトのパプリカガーリック
普通のフライドポテトに、ガーリックパウダーとパセリをまぶしています。にんにくの香りが結構強いです。冷凍にしてはカリカリ感があり、付け合せとしては最高です。

カリフラワーのトマトソース

カリフラワーのトマトソース
ボイルしたカリフラワーにトマトソースが掛けてあるサラダです。普通の歯ごたえ、普通の味です。

ほうれん草とえのきのおかか浸し

ほうれん草とえのきのおかか浸し
ほうれん草と油揚げ・えのきのお浸しです。鰹だしですが、油揚げの味も強く出ています。えのきはちょっとしか入っていませんでした。全体的に味が濃いと感じます。

原材料

フライドポテト、たけのこ水煮、はくさい、カリフラワー、豚肉、ほたて貝、にんじん、ほうれん草、ミックスピーマン、オイスターエキス、ホワイトソース、ダイストマト、ごま油、えのき、牛乳、たまねぎ、清酒、おろしにんにく、おろししょうが、オリーブ油、乳等を主要原料とする食品、植物油脂、トマトケチャップ、トマトピューレー、油揚げ、中華スープの素、こいくちしょうゆ、みりん、ナチュラルチーズ、砂糖、チキンコンソメ、食塩、乾燥パセリ、にんにく、風味調味料、果実調味料、かつお削りぶし、鰹節エキス、酵母エキス、ガーリックパウダー、パプリカパウダー、こしょう、加工でん粉、増粘剤(加工でん粉)、調味料(アミノ酸等)、安定剤(加工でん粉、増粘多糖類)、アルコール、酸味料、着色料(カラメル)、香辛料抽出物、(原材料の一部に小麦、乳、牛肉、ごま、ゼラチン、大豆、鶏肉、豚肉を含む)

アレルギー物質

小麦 / 乳 / 牛肉 / ごま / 大豆 / 鶏肉 / 豚肉 / ゼラチン

栄養成分

エネルギー[Kcal]
210
たんぱく質[g]
8.4
脂質[g]
13.7
炭水化物[g]
13.1
カリウム[mg]
290.54
リン[mg]
89.55
食塩相当量[g]
1.3

腎臓病食事療法を行う女性

食宅便のたんぱくケア宅配食

おかず7食A~Gセット4,340円

送料390円 税込み合計4,730円

食宅便たんぱくケア宅配食

食宅便たんぱくケア宅配食のお届け

食宅便梱包

上記の写真は、たんぱくケア7食セットの梱包状態です。ヤマト運輸のクール宅急便で配達されます。

食宅便梱包

食宅便のダンボールを開けると、ご覧の状態でたんぱくケア宅配食7食セットが入っています。

食宅便荷姿

外袋には、メニューごとの冷凍からの解凍・加熱時間が表示されています。

原材料・アレルギー・標準栄養成分も正確に掲載されています。

食宅便の宅配食のおいしい食べ方

食べたい時にすぐおいしい食宅便の宅配弁当の解凍・加熱の方法、おいしい食べ方を説明します。

宅配弁当加熱の方法

冷凍のまま加熱することができます。表示に沿ってパッケージにハサミで切込みを入れます。

電子レンジに入れ、メニューごとに違う表記の加熱時間に合わせて加熱します。

電子レンジの加熱が終わると、外袋から取り出しそのまま食べます。やけどに十分注意してください

大事なことですが、おかずには何もかけないのが原則です。

味の薄さが気になって、しょうゆ・ソース・ケチャップをかけると、せっかく塩分・糖分・たんぱく質などを制限しているのに元の木阿弥になってしまいます。必ずそのまま何もかけずに食べてください。

食宅便加熱方法
おいしい加熱の仕方

冷凍の状態から一気に加熱すると、どうしても水分が余分に出てしまいます。より美味しく食べるには、例えば朝食に食べる時には、前日の晩に冷凍庫から冷蔵庫に移して低温解凍しておきます。

食べる時間から逆算して、6~7時間前から冷蔵庫に入れるのが最適です。

常温で解凍すると外気温にもよりますが、ドリップ(冷凍した食材の細胞内にある氷が溶けて出てくる水)が出て旨味も一緒に流れ出しますので避けてください。

食べる時に、外袋に表記している加熱時間のマイナス2分くらいでセットして電子レンジで加熱します。

もし、冷たいと感じる時は加熱時間を調節してください。この方法で冷凍から一気に加熱するよりも格段においしくお召し上がりいただけます。可能な限りお試しください。

食宅便たんぱくケア宅配食