牛肉と牛蒡のしぐれ煮

牛肉と牛蒡のしぐれ煮弁当は、しぐれ煮というだけあって、しっかり生姜の味が染み込んでいます。減塩ですがこんなに味が濃くていいのか心配になるくらいの味わい深さです。

しぐれに以外に、サラダやデザート風のさつまいもなど、全部で5品の献立です。

制限食でありながらも、薄味と感じることもなく多彩な肉・魚・野菜を使い、晩ごはんとしても十分な量を確保しています。

腎臓病食の宅配サービスの中でも安いと評判の食宅便のたんぱくケアシリーズは、1食あたりのたんぱく質量が13g程度、塩分2.0g、カリウム500mg、リン270mg以下に抑えた腎臓病の食事制限にぴったりの7食1セットの宅配おかずメニューです。

牛肉と牛蒡のしぐれ煮弁当

加熱時間などが表記されているパッケージです。外袋にハサミで切り込みを入れて電子レンジで加熱してください。

食宅便たんぱくケア宅配食

牛肉と牛蒡のしぐれ煮弁当

  • 牛肉と牛蒡のしぐれ煮
  • 赤魚の和風あんかけ
  • ひじき煮
  • おさつの胡麻風味甘露和え
  • 豆のサラダ

牛肉と牛蒡のしぐれ煮

牛肉と牛蒡のしぐれ煮

赤魚の和風あんかけ

赤魚の和風あんかけ

ひじき煮

ひじき煮

おさつの胡麻風味甘露和え

おさつの胡麻風味甘露和え

豆のサラダ

豆のサラダ

原材料

ごぼう、赤魚、さつまいも、牛肉、たまねぎ、こんにゃく、にんじん、キャベツ、ヤングコーン、水菜、砂糖、いんげん、れんこん水煮、はちみつ、赤ピーマン、みりん、油揚げ、こいくちしょうゆ、植物油脂、乾燥ひじき、こめ油、ごま油、鰹節エキス、うすくちしょうゆ、ごま、乾燥ガラスープ、風味調味料、食塩、おろししょうが、果実調味料、かつおエキス、酵母エキス、加工でん粉、糊料(加工でん粉)、着色料(カラメル)、調味料(アミノ酸等)、水酸化Ca、トレハロース、酸味料、ビタミンC、漂白剤(次亜硫酸Na)、(原材料の一部に小麦、乳、牛肉、ごま、大豆、鶏肉、豚肉を含む)

アレルギー物質

小麦 / 乳 / 牛肉 / ごま / 大豆 / 鶏肉 / 豚肉

栄養成分

エネルギー[Kcal]
210
たんぱく質[g]
7.4
脂質[g]
12.7
炭水化物[g]
16.5
カリウム[mg]
220
リン[mg]
71
食塩相当量[g]
1.5

腎臓病食事療法を行う女性

食宅便のたんぱくケア宅配食

おかず7食A~Gセット4,340円

送料390円 税込み合計4,730円

食宅便たんぱくケア宅配食

食宅便たんぱくケア宅配食のお届け

食宅便梱包

上記の写真は、たんぱくケア7食セットの梱包状態です。ヤマト運輸のクール宅急便で配達されます。

食宅便梱包

食宅便のダンボールを開けると、ご覧の状態でたんぱくケア宅配食7食セットが入っています。

食宅便荷姿

外袋には、メニューごとの冷凍からの解凍・加熱時間が表示されています。

原材料・アレルギー・標準栄養成分も正確に掲載されています。

食宅便の宅配食のおいしい食べ方

食べたい時にすぐおいしい食宅便の宅配弁当の解凍・加熱の方法、おいしい食べ方を説明します。

宅配弁当加熱の方法

冷凍のまま加熱することができます。表示に沿ってパッケージにハサミで切込みを入れます。

電子レンジに入れ、メニューごとに違う表記の加熱時間に合わせて加熱します。

電子レンジの加熱が終わると、外袋から取り出しそのまま食べます。やけどに十分注意してください

大事なことですが、おかずには何もかけないのが原則です。

味の薄さが気になって、しょうゆ・ソース・ケチャップをかけると、せっかく塩分・糖分・たんぱく質などを制限しているのに元の木阿弥になってしまいます。必ずそのまま何もかけずに食べてください。

食宅便加熱方法
おいしい加熱の仕方

冷凍の状態から一気に加熱すると、どうしても水分が余分に出てしまいます。より美味しく食べるには、例えば朝食に食べる時には、前日の晩に冷凍庫から冷蔵庫に移して低温解凍しておきます。

食べる時間から逆算して、6~7時間前から冷蔵庫に入れるのが最適です。

常温で解凍すると外気温にもよりますが、ドリップ(冷凍した食材の細胞内にある氷が溶けて出てくる水)が出て旨味も一緒に流れ出しますので避けてください。

食べる時に、外袋に表記している加熱時間のマイナス2分くらいでセットして電子レンジで加熱します。

もし、冷たいと感じる時は加熱時間を調節してください。この方法で冷凍から一気に加熱するよりも格段においしくお召し上がりいただけます。可能な限りお試しください。

食宅便たんぱくケア宅配食